「スプリット使え」 ナのスカウトがマエケンの配球に警鐘

公開日:  更新日:

 ドジャースへの入団が決まった前田健太(27=前広島)に重大な欠陥が囁かれ始めている。

 といっても肩や肘ではない。配球上の問題だ。前田は日本でスライダー、チェンジアップ、スプリットを中心に配球を組み立ててきた。左右の打者で配球は偏っており、右打者にはスライダーとチェンジアップ、左打者にはカーブとチェンジアップを投げ分けていた。

 スプリットも持ち球のひとつだが、スライダーが有効だからだろう。特に右打者に対してスプリットは、ほとんど使わなかったという。

 日本ではスライダー、チェンジアップ主体の単調な投球でも抑えられたが、メジャーでも通用するとは限らない。

 特にドジャースが所属するナ・リーグ西地区各球団の主砲は右打者が目白押し。昨季、本塁打(42)、打点(130)の2冠を獲得したロッキーズ・アレナード、3割、30本、100打点を記録したダイヤモンドバックス・ゴールドシュミット、強打の捕手として知られるジャイアンツ・ポージーら、いずれもメジャーを代表する強打者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る