広島ファンも注目 マエケンの譲渡金「24億円」の使い道

公開日: 更新日:

「これで本当の意味合いで前を向いていける。彼のスライダーと制球があれば大丈夫」

 ドジャースと契約した前田健太に、広島の松田元オーナー(64)がエールを送った。

 今後、広島はドジャースから2000万ドル(約24億円)の譲渡金を受け取る。その一部は、キャンプ地の日南市(宮崎県)、沖縄市への寄付に加え、地元広島に還元することで調整しているそうだ。

 広島は市民球団としてスタートし、今もそのイメージがあるだけに県民、市民はカネの使い道にも注目している。

 昨年、広島の観客動員は球団新記録となる211万人。グッズの売り上げも大きく伸ばした。広島県の人口は約280万人。割合から考えればとんでもない数字といえる。

 また、本拠地のマツダスタジアムは広島市の所有物であり、総工費約90億円のうち、国交省のまちづくり交付金が約7億円、広島市、広島県、財界が約46億円を負担した。「たる募金」で市民などから1億2000万円の寄付も集めた。

 球団も毎年、球場使用料を払っているとはいえ、他球団と比べても広島は一般市民におんぶに抱っこである。

 だからこそ球団も地元への還元を検討しているわけだが、マエケンの置き土産は市民、県民のため、そして戦力強化のために使うべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る