期待の即戦力を初視察の掛布二軍監督 ドラ1高山に熱視線

公開日:  更新日:

 20日、阪神の掛布雅之二軍監督(60)が新人合同自主トレを初めて視察した。

 二軍監督が新人と初対面する時期としてはちょっと遅い感があるが、ドラフト1位の高山(明大)については「スイングがきれいでバランスがいい。長打も期待できる」と目を細めた。

 即戦力としての期待が大きい高山は別にして、大半の新人は二軍で鍛え上げられることになるだろう。阪神には新人だけでなく、高卒3年目を迎える横田慎太郎をはじめ、飛躍が期待される若手がいるにはいる。

 しかし、近年は生え抜きの若手がなかなかモノにならない。昨年の新人を見ても、1位・横山、2位・石崎が揃って0勝。3位・江越も56試合で打率.214、5本塁打、16打点に終わった。

 このオフは、FA補強を封印しており、育成は急務となっている。二軍からどれだけの選手を一軍に押し上げることができるか。掛布二軍監督は重責を担うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る