メダルの可能性も IOCがリオ五輪に「難民チーム」招待

公開日:  更新日:

 今年8月開幕のリオ五輪では難民のメダリストが誕生しそうだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は28日(日本時間29日)、訪問先のアテネで紛争などで国を追われたイラクやシリア、アフガニスタンのアスリートを招待すると明らかにした。複数の欧州メディアが伝えている。5~10人の選手の参加を予定し「難民チーム」として選手村に入村する。

 IOCによれば、亡命先のドイツやギリシャなどで本格的に練習している難民は少なからずおり、国際大会で上位入賞が見込める選手もいるという。

 中でもメダル獲得が有力視されているのが、イラン出身で射撃のファルハド・タカロ選手だ。過去にはイラン国内大会で優勝した実績の持ち主。現在はギリシャのトップクラスの選手に交じって練習し、レベルアップを図っている。

 参加を予定している選手は、射撃以外にも競泳や柔道などの個人競技ばかり。連携が求められる団体競技とは異なり、個人の技量が勝敗を大きく左右するだけに、リオの表彰台に立つかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る