メダルの可能性も IOCがリオ五輪に「難民チーム」招待

公開日:  更新日:

 今年8月開幕のリオ五輪では難民のメダリストが誕生しそうだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は28日(日本時間29日)、訪問先のアテネで紛争などで国を追われたイラクやシリア、アフガニスタンのアスリートを招待すると明らかにした。複数の欧州メディアが伝えている。5~10人の選手の参加を予定し「難民チーム」として選手村に入村する。

 IOCによれば、亡命先のドイツやギリシャなどで本格的に練習している難民は少なからずおり、国際大会で上位入賞が見込める選手もいるという。

 中でもメダル獲得が有力視されているのが、イラン出身で射撃のファルハド・タカロ選手だ。過去にはイラン国内大会で優勝した実績の持ち主。現在はギリシャのトップクラスの選手に交じって練習し、レベルアップを図っている。

 参加を予定している選手は、射撃以外にも競泳や柔道などの個人競技ばかり。連携が求められる団体競技とは異なり、個人の技量が勝敗を大きく左右するだけに、リオの表彰台に立つかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る