メダルの可能性も IOCがリオ五輪に「難民チーム」招待

公開日: 更新日:

 今年8月開幕のリオ五輪では難民のメダリストが誕生しそうだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は28日(日本時間29日)、訪問先のアテネで紛争などで国を追われたイラクやシリア、アフガニスタンのアスリートを招待すると明らかにした。複数の欧州メディアが伝えている。5~10人の選手の参加を予定し「難民チーム」として選手村に入村する。

 IOCによれば、亡命先のドイツやギリシャなどで本格的に練習している難民は少なからずおり、国際大会で上位入賞が見込める選手もいるという。

 中でもメダル獲得が有力視されているのが、イラン出身で射撃のファルハド・タカロ選手だ。過去にはイラン国内大会で優勝した実績の持ち主。現在はギリシャのトップクラスの選手に交じって練習し、レベルアップを図っている。

 参加を予定している選手は、射撃以外にも競泳や柔道などの個人競技ばかり。連携が求められる団体競技とは異なり、個人の技量が勝敗を大きく左右するだけに、リオの表彰台に立つかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る