予算不足で対策大丈夫? リオ五輪を襲う「ジカ熱」の恐怖

公開日:  更新日:

 深刻な財政難、会場建設の遅延から開催が危ぶまれているリオ五輪(8月5日~)。

 開幕まで6カ月に迫りながら、新たな問題が浮上した。

 リオ市保健局は24日(現地時間)、五輪開催期間中、南米で発症が確認されている「ジカ熱」への感染、拡大阻止に全力で取り組むと表明。同局があらためて注意喚起を呼びかけた。

 厚生労働省のホームページによれば、デング熱などと同様に蚊を媒介して人に感染する。軽度の発熱、頭痛、発疹、結膜炎などの症状が見られ、妊婦は特に注意が必要だ。妊婦が感染した場合、生まれつき頭が小さい「小頭症」の新生児が誕生するリスクがあるからだ。

 リオ市では今後、オリンピック競技場、施設周辺に殺虫剤を散布するなどして、大会期間中の被害拡大を全力で食い止めるとしているが、同市は深刻な予算不足にあえいでいる。

 ジカ熱の対策にどれだけの予算を割けるのか微妙だ。不測の事態に備えて、女子アスリートは出場に慎重を期するべきかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る