• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

予算不足で対策大丈夫? リオ五輪を襲う「ジカ熱」の恐怖

 深刻な財政難、会場建設の遅延から開催が危ぶまれているリオ五輪(8月5日~)。

 開幕まで6カ月に迫りながら、新たな問題が浮上した。

 リオ市保健局は24日(現地時間)、五輪開催期間中、南米で発症が確認されている「ジカ熱」への感染、拡大阻止に全力で取り組むと表明。同局があらためて注意喚起を呼びかけた。

 厚生労働省のホームページによれば、デング熱などと同様に蚊を媒介して人に感染する。軽度の発熱、頭痛、発疹、結膜炎などの症状が見られ、妊婦は特に注意が必要だ。妊婦が感染した場合、生まれつき頭が小さい「小頭症」の新生児が誕生するリスクがあるからだ。

 リオ市では今後、オリンピック競技場、施設周辺に殺虫剤を散布するなどして、大会期間中の被害拡大を全力で食い止めるとしているが、同市は深刻な予算不足にあえいでいる。

 ジカ熱の対策にどれだけの予算を割けるのか微妙だ。不測の事態に備えて、女子アスリートは出場に慎重を期するべきかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る