リオ五輪チケット売れず…東京五輪“二の舞い”を専門家危惧

公開日:  更新日:

 今年8月に開幕するリオ五輪は閑古鳥が鳴きそうだ。

 リオ五輪組織委員会は19日(日本時間20日)、同大会の入場券販売が芳しくないと明らかにした。同組織委によれば、五輪は国内向け450万枚のうち、売れたのは半分程度。パラリンピックは300万枚のうち、30万枚しかさばけていないという。組織委は「ブラジル経済の低迷が原因」とし、「周知、広報をしないといけない」と危機感を示した。

 リオは欧州やアジアからのアクセスが不便な上に、現地の治安も悪いだけに、外国人観光客の増大は見込めない。大会期間中の不入りは、当然、五輪公式グッズ、会場での飲食物の販売不振にもつながる。五輪での収入はチケット、グッズ売り上げが3割程度を占めるだけに利益を手にする国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委は真っ青だろう。

 84年以降の大会で最も入場券販売が不振だったのは04年アテネ五輪。IOCの資料によれば、売り出した530万枚のうち150万枚も売れ残った。南米初の五輪となるリオで史上最低の観客動員数が記録される雲行きだが、5年後に迫った20年東京五輪も悠長に構えていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る