リオ五輪チケット売れず…東京五輪“二の舞い”を専門家危惧

公開日:  更新日:

 今年8月に開幕するリオ五輪は閑古鳥が鳴きそうだ。

 リオ五輪組織委員会は19日(日本時間20日)、同大会の入場券販売が芳しくないと明らかにした。同組織委によれば、五輪は国内向け450万枚のうち、売れたのは半分程度。パラリンピックは300万枚のうち、30万枚しかさばけていないという。組織委は「ブラジル経済の低迷が原因」とし、「周知、広報をしないといけない」と危機感を示した。

 リオは欧州やアジアからのアクセスが不便な上に、現地の治安も悪いだけに、外国人観光客の増大は見込めない。大会期間中の不入りは、当然、五輪公式グッズ、会場での飲食物の販売不振にもつながる。五輪での収入はチケット、グッズ売り上げが3割程度を占めるだけに利益を手にする国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委は真っ青だろう。

 84年以降の大会で最も入場券販売が不振だったのは04年アテネ五輪。IOCの資料によれば、売り出した530万枚のうち150万枚も売れ残った。南米初の五輪となるリオで史上最低の観客動員数が記録される雲行きだが、5年後に迫った20年東京五輪も悠長に構えていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る