リオ五輪チケット売れず…東京五輪“二の舞い”を専門家危惧

公開日: 更新日:

 今年8月に開幕するリオ五輪は閑古鳥が鳴きそうだ。

 リオ五輪組織委員会は19日(日本時間20日)、同大会の入場券販売が芳しくないと明らかにした。同組織委によれば、五輪は国内向け450万枚のうち、売れたのは半分程度。パラリンピックは300万枚のうち、30万枚しかさばけていないという。組織委は「ブラジル経済の低迷が原因」とし、「周知、広報をしないといけない」と危機感を示した。

 リオは欧州やアジアからのアクセスが不便な上に、現地の治安も悪いだけに、外国人観光客の増大は見込めない。大会期間中の不入りは、当然、五輪公式グッズ、会場での飲食物の販売不振にもつながる。五輪での収入はチケット、グッズ売り上げが3割程度を占めるだけに利益を手にする国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委は真っ青だろう。

 84年以降の大会で最も入場券販売が不振だったのは04年アテネ五輪。IOCの資料によれば、売り出した530万枚のうち150万枚も売れ残った。南米初の五輪となるリオで史上最低の観客動員数が記録される雲行きだが、5年後に迫った20年東京五輪も悠長に構えていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  2. 2
    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

    《#被疑者》《早く顔写真をさらせ》 コロナ給付金4630万円ネコババで加熱するネット探偵団

  3. 3
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  4. 4
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  5. 5
    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

    渡辺裕之さんが語り尽くした酒人生と妻・原日出子さん「憧れの人と結婚できるなんて」

もっと見る

  1. 6
    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

    伝説AV女優の瞳リョウが告白 12年の充電期間と復活のワケ

  2. 7
    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

    巨人・中田翔は満身創痍…2戦連発→3タコでやはり遠のく「真の復活」

  3. 8
    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

    学園祭の女王SHIHOさん 坊主ヌードのきっかけは妹の白血病

  4. 9
    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

    プーチン大統領も大ショック? 31歳年下の“愛人”カバエワさんに「妊娠報道」の仰天

  5. 10
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界