桜井が松井氏に熱投も…巨人ドラ7中川を他球団警戒の理由

公開日: 更新日:

 7日、巨人のドラフト1位ルーキー桜井俊貴(22=立命大)の投球練習中に松井秀喜臨時コーチ(41)が打席に入った。

 新人は全球種を38球。ひざ元へカーブを投げると、松井が腰を引く場面もあった。

「(内角を)遠慮しなくていい。当ててもいいから」と松井に言われると、言葉通りに内角球を続けるずぶとさも見せた。

「最初は緊張したけど、だんだん自分のペースで投げられた。テレビで見ていたスーパースター。内角球が当たりそうでヤバいと思った? カーブなんで避けられるかなと思った」と強心臓ぶりを発揮。松井も「力はあるし、変化球もキレていた。低めのコントロールがいい。あとは試合でその投球ができるか」と評価した。

 14年は2年目の菅野の投球時に打席に立つと、菅野は12勝5敗でMVPを獲得。そんな「縁起物」とあって、桜井はキャンプ前から松井との「対戦」を熱望していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る