桜井が松井氏に熱投も…巨人ドラ7中川を他球団警戒の理由

公開日: 更新日:

 7日、巨人ドラフト1位ルーキー桜井俊貴(22=立命大)の投球練習中に松井秀喜臨時コーチ(41)が打席に入った。

 新人は全球種を38球。ひざ元へカーブを投げると、松井が腰を引く場面もあった。

「(内角を)遠慮しなくていい。当ててもいいから」と松井に言われると、言葉通りに内角球を続けるずぶとさも見せた。

「最初は緊張したけど、だんだん自分のペースで投げられた。テレビで見ていたスーパースター。内角球が当たりそうでヤバいと思った? カーブなんで避けられるかなと思った」と強心臓ぶりを発揮。松井も「力はあるし、変化球もキレていた。低めのコントロールがいい。あとは試合でその投球ができるか」と評価した。

 14年は2年目の菅野の投球時に打席に立つと、菅野は12勝5敗でMVPを獲得。そんな「縁起物」とあって、桜井はキャンプ前から松井との「対戦」を熱望していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る