桜井が松井氏に熱投も…巨人ドラ7中川を他球団警戒の理由

公開日:  更新日:

 7日、巨人のドラフト1位ルーキー桜井俊貴(22=立命大)の投球練習中に松井秀喜臨時コーチ(41)が打席に入った。

 新人は全球種を38球。ひざ元へカーブを投げると、松井が腰を引く場面もあった。

「(内角を)遠慮しなくていい。当ててもいいから」と松井に言われると、言葉通りに内角球を続けるずぶとさも見せた。

「最初は緊張したけど、だんだん自分のペースで投げられた。テレビで見ていたスーパースター。内角球が当たりそうでヤバいと思った? カーブなんで避けられるかなと思った」と強心臓ぶりを発揮。松井も「力はあるし、変化球もキレていた。低めのコントロールがいい。あとは試合でその投球ができるか」と評価した。

 14年は2年目の菅野の投球時に打席に立つと、菅野は12勝5敗でMVPを獲得。そんな「縁起物」とあって、桜井はキャンプ前から松井との「対戦」を熱望していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る