小久保氏、松井氏が絶賛 巨人・岡本が持つ独特の“間”とは

公開日:  更新日:

 巨人の和製大砲候補が侍指揮官にベタ褒めされた。三塁のレギュラーを狙う高卒2年目の岡本和真(19)が3日、宮崎キャンプのフリー打撃で快音を連発。視察した侍ジャパンの小久保裕紀監督(44)は「技術的には腕の使い方に天性の柔らかさがある。松井(秀喜)さんも共通意見だった」と、こう続けた。

「去年の春も見たけど、一年でこんなに変わるんかなっていうくらい成長している。オフに台湾(ウインターリーグ)に行って自信がついたのかな。守備が課題といわれるが、打撃という長所を武器にしてほしい。巨人でレギュラーを取るのが前提だけど、近い将来(代表で)クリーンアップを打てる」

 何がそんなにいいのか。

「人が教えられない『間』を持っている。独特の間。松井と? その話をした。『教えてできるもんじゃないね』と。長距離というより、中距離打者かな。ソフトバンクの内川のように、いい間で入れる。守備はやればやるほどうまくなる。ボクだってゴールデングラブ賞を取れたんだから、と伝えて帰りたい。いずれは代表? はい。間違いなく球界を背負えるものがある」と最後まで冗舌だった。臨時コーチを務める松井も「タイミングの取り方が2年目でできているのは、昔からプレーして培ったものでしょう。いい形で打っている」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る