• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小久保氏、松井氏が絶賛 巨人・岡本が持つ独特の“間”とは

 巨人の和製大砲候補が侍指揮官にベタ褒めされた。三塁のレギュラーを狙う高卒2年目の岡本和真(19)が3日、宮崎キャンプのフリー打撃で快音を連発。視察した侍ジャパンの小久保裕紀監督(44)は「技術的には腕の使い方に天性の柔らかさがある。松井(秀喜)さんも共通意見だった」と、こう続けた。

「去年の春も見たけど、一年でこんなに変わるんかなっていうくらい成長している。オフに台湾(ウインターリーグ)に行って自信がついたのかな。守備が課題といわれるが、打撃という長所を武器にしてほしい。巨人でレギュラーを取るのが前提だけど、近い将来(代表で)クリーンアップを打てる」

 何がそんなにいいのか。

「人が教えられない『間』を持っている。独特の間。松井と? その話をした。『教えてできるもんじゃないね』と。長距離というより、中距離打者かな。ソフトバンクの内川のように、いい間で入れる。守備はやればやるほどうまくなる。ボクだってゴールデングラブ賞を取れたんだから、と伝えて帰りたい。いずれは代表? はい。間違いなく球界を背負えるものがある」と最後まで冗舌だった。臨時コーチを務める松井も「タイミングの取り方が2年目でできているのは、昔からプレーして培ったものでしょう。いい形で打っている」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る