米女子GKが辞退検討 「ジカ熱」大流行でリオ五輪中止危機

公開日:  更新日:

「私たちがいつ子供を授かるかわからない。でも、子供へのリスクは避けたい。きょう(リオ五輪に出るかどうか)決断しろと言われたら、行かない」

 9日付の米スポーツ専門誌でこう言ったのが、サッカー女子米国代表GKのホープ・ソロ(34)だ。

 今年8月にリオ五輪が行われるブラジルを中心に、南米で爆発的に感染が流行している「ジカ熱」。ヤブ蚊の一種がウイルスを媒介する感染症で、一般的には風邪と似たような症状が出るとされ、発症しても気付かない者すらいるそうだが、その一方で、感染した妊婦が小頭症の子供を産んだという報告が相次いでいる。12年に結婚したソロが難色を示すのも無理はなく、今後は世界中でソロ同様、女子選手のボイコット騒動にも発展しかねない状況だ。

■専門家が警鐘

 さらに「妊婦でなければ大丈夫」とも言い切れない。東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染症学)は「考えられないことも起きるかもしれません」と、警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る