米女子GKが辞退検討 「ジカ熱」大流行でリオ五輪中止危機

公開日: 更新日:

「私たちがいつ子供を授かるかわからない。でも、子供へのリスクは避けたい。きょう(リオ五輪に出るかどうか)決断しろと言われたら、行かない」

 9日付の米スポーツ専門誌でこう言ったのが、サッカー女子米国代表GKのホープ・ソロ(34)だ。

 今年8月にリオ五輪が行われるブラジルを中心に、南米で爆発的に感染が流行している「ジカ熱」。ヤブ蚊の一種がウイルスを媒介する感染症で、一般的には風邪と似たような症状が出るとされ、発症しても気付かない者すらいるそうだが、その一方で、感染した妊婦が小頭症の子供を産んだという報告が相次いでいる。12年に結婚したソロが難色を示すのも無理はなく、今後は世界中でソロ同様、女子選手のボイコット騒動にも発展しかねない状況だ。

■専門家が警鐘

 さらに「妊婦でなければ大丈夫」とも言い切れない。東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染症学)は「考えられないことも起きるかもしれません」と、警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る