五輪確定へ名古屋も走る福士加代子は陸連曖昧基準の犠牲者

公開日:  更新日:

 疑問を感じている人は少なくない。

 福士加代子(33)は、先日の大阪国際女子マラソンで日本歴代7位の2時間22分17秒の好タイムでぶっちぎり優勝。「これでリオ(五輪代表)決定だべ!」と満面の笑みを浮かべたのも束の間、あろうことか、最後の選考レースである1カ月半後の名古屋ウィメンズ(3月13日)に出場するというのだ。

 福士は先の大阪国際で陸連設定の派遣基準記録2時間22分30秒を突破。「22分30秒切り」は、07年東京の野口みずき(2時間21分37秒)以来9年ぶりのこと。リオ五輪キップは手中にしたと思いきや、陸連は「代表当確」を出していない。福士が所属するワコールの永山忠幸監督(56)は、「日本陸連から確定と言ってもらえず、(代表から)外れる可能性も数%残っている。無理は承知だが、福士の名前が必ず残るようにしないといけない」と言って名古屋を走らせるというのだが、何も陸連は福士が嫌いなわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る