• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WHO緊急事態宣言も対策なし 「ジカ熱」日本上陸のXデー

 ブラジルなど中南米で感染が拡大し、WHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出したジカ熱。蚊が媒介し、妊婦が感染すると、頭の小さい赤ちゃんが生まれる小頭症をもたらすリスクが指摘されている。妻や娘が妊娠中の読者は、気が気じゃないはずだ。

 さらにWHOは、感染者はアメリカ大陸で最大400万人に達する可能性もあるとか言っているからシャレにならない。塩崎厚労相も「妊婦はできるだけ流行国への渡航を控えるのが望ましい」と呼びかけているが、渡航しなけりゃいいってものでもないだろう。

 2014年に国内で計160人が感染したデング熱の例もある。

 厚労省によると、ジカ熱は13年以降、日本人旅行者が海外で感染し、発症した症例が3例、国内で見つかっている。今のところ国内で感染した例はないというが、新渡戸文化短大名誉学長の中原英臣氏(ウイルス学)は「今後日本に上陸する危険性は高い」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る