WHO緊急事態宣言も対策なし 「ジカ熱」日本上陸のXデー

公開日:  更新日:

 ブラジルなど中南米で感染が拡大し、WHO(世界保健機関)が緊急事態宣言を出したジカ熱。蚊が媒介し、妊婦が感染すると、頭の小さい赤ちゃんが生まれる小頭症をもたらすリスクが指摘されている。妻や娘が妊娠中の読者は、気が気じゃないはずだ。

 さらにWHOは、感染者はアメリカ大陸で最大400万人に達する可能性もあるとか言っているからシャレにならない。塩崎厚労相も「妊婦はできるだけ流行国への渡航を控えるのが望ましい」と呼びかけているが、渡航しなけりゃいいってものでもないだろう。

 2014年に国内で計160人が感染したデング熱の例もある。

 厚労省によると、ジカ熱は13年以降、日本人旅行者が海外で感染し、発症した症例が3例、国内で見つかっている。今のところ国内で感染した例はないというが、新渡戸文化短大名誉学長の中原英臣氏(ウイルス学)は「今後日本に上陸する危険性は高い」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る