日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初対外試合で大活躍のオコエに苦言呈する楽天首脳陣の思惑

「いい感じで結果がついてきてくれた。実戦でしかできないことを学べた」

 楽天のルーキー・オコエ瑠偉(18=関東一)が初の対外試合となった韓国・ハンファ戦で1安打1打点1盗塁、試合後にこう言った。

 1打席目は四球を選ぶと、次打者の2球目にすかさず盗塁に成功。2打席目はフォークを狙いすましたようにライナーで左前へ。1死一、三塁で迎えた3打席目は直球を待ちながらカーブに対応、初球を中堅に運ぶ犠飛で初打点をマーク。潜在能力の高さを改めて証明した。

 首脳陣は一定の評価をしながら、しかし、苦言を呈することも忘れなかった。

「初戦とすれば十分な結果。いいものを持っているという気がした。何年後かにチームを支える選手になってほしい。ただ、最後の見逃し三振はいただけない。簡単に見送った」と、梨田監督が言えば、池山打撃コーチも「1試合では何も言えない。レギュラー候補は間違いないが、いますぐ一軍ではない。技術的にはまだまだ。経験値が財産になっていく」と、手厳しかった。チーム関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事