初対外試合で大活躍のオコエに苦言呈する楽天首脳陣の思惑

公開日:  更新日:

「いい感じで結果がついてきてくれた。実戦でしかできないことを学べた」

 楽天のルーキー・オコエ瑠偉(18=関東一)が初の対外試合となった韓国・ハンファ戦で1安打1打点1盗塁、試合後にこう言った。

 1打席目は四球を選ぶと、次打者の2球目にすかさず盗塁に成功。2打席目はフォークを狙いすましたようにライナーで左前へ。1死一、三塁で迎えた3打席目は直球を待ちながらカーブに対応、初球を中堅に運ぶ犠飛で初打点をマーク。潜在能力の高さを改めて証明した。

 首脳陣は一定の評価をしながら、しかし、苦言を呈することも忘れなかった。

「初戦とすれば十分な結果。いいものを持っているという気がした。何年後かにチームを支える選手になってほしい。ただ、最後の見逃し三振はいただけない。簡単に見送った」と、梨田監督が言えば、池山打撃コーチも「1試合では何も言えない。レギュラー候補は間違いないが、いますぐ一軍ではない。技術的にはまだまだ。経験値が財産になっていく」と、手厳しかった。チーム関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る