日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天オコエ 紅白戦「左中間三塁打」で遅れる一軍への定着

 目の覚めるような長打だった。

 7日、楽天の新人、オコエ瑠偉(=18、関東一)が紅白戦の白組、「2番・中堅」で実戦デビューした。初回は2年目の安楽にコースを突かれ、見逃しの3球三振。その後も一邪飛、中飛と凡退が続いた。

 このまま良いところがなく終わると思われたが、七回無死一、二塁の場面で回ってきた4打席目は左中間を真っ二つ。自慢の快足で、一気に三塁を陥れた。

「反省を生かせたのが収穫です」とは試合後のオコエだ。

 関東一の米沢監督もかつて、「打力はウチの3番打者の方が勝っている」と話していたように、オコエの課題は打撃。キャンプでは2日目から池山打撃コーチにマンツーマンで指導を受けた。この世界ではルーキーへのフォーム改造はご法度。それを破ったくらいなのだから、いかにオコエの打撃が目に余ったかということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事