楽天オコエ 紅白戦「左中間三塁打」で遅れる一軍への定着

公開日: 更新日:

 目の覚めるような長打だった。

 7日、楽天の新人、オコエ瑠偉(=18、関東一)が紅白戦の白組、「2番・中堅」で実戦デビューした。初回は2年目の安楽にコースを突かれ、見逃しの3球三振。その後も一邪飛、中飛と凡退が続いた。

 このまま良いところがなく終わると思われたが、七回無死一、二塁の場面で回ってきた4打席目は左中間を真っ二つ。自慢の快足で、一気に三塁を陥れた。

「反省を生かせたのが収穫です」とは試合後のオコエだ。

 関東一の米沢監督もかつて、「打力はウチの3番打者の方が勝っている」と話していたように、オコエの課題は打撃。キャンプでは2日目から池山打撃コーチにマンツーマンで指導を受けた。この世界ではルーキーへのフォーム改造はご法度。それを破ったくらいなのだから、いかにオコエの打撃が目に余ったかということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る