脇にグラブ挟ませるコーチも 楽天オコエに首脳陣指導攻め

公開日: 更新日:

 昨2日、楽天のルーキー、オコエ瑠偉(18=関東一)が、首脳陣から寄ってたかって打撃指導を受けた。昼食後に池山打撃コーチに呼び出されると、室内練習場へ。「タイミングを取れ!」という教えの下、左脇にグラブを挟んで落とさないよう、1時間以上もボールを打たずにスイングの基本を繰り返した。

 その後、打撃投手相手のフリー打撃を行うや肩に力が入ったのか、コーチさながらの「ブンブン丸」。再び池山コーチのマンツーマン指導を受けると、その後も入れ代わり立ち代わり、梨田監督、礒部打撃コーチにアドバイスを送られていた。

 2日早朝の情報番組ではヤクルトのマスコット、つば九郎から「ひだりかたのひらきがはやい!!」(原文ママ)とイジられたオコエ。しばらく時間がかかりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る