阿部が喝! マイペース調整のG沢村に「守護神」剥奪危機

公開日:  更新日:

 巨人の守護神がペースを上げてきた。沢村拓一(27)が沖縄2次キャンプ2日目の昨17日、2日連続でブルペンに入った。

 1次キャンプ地の宮崎では異例のスロー調整。第1クールは投手陣でただひとりブルペンに入らなかった。連日、遠投は行っていたから、肩、ヒジを痛めていたわけではない。12球団の大トリで7日にブルペン入りした際、高橋監督は「何も心配していない」と笑顔を見せ、尾花投手コーチも「予定通りですね」と涼しい顔だったが、本人だけは「遅くてもいいじゃないですか。1クール目に入ればいいというわけではないでしょう。自分のタイミングがあるし、大事なのは試合でどう投げるかなんですよ」と報道陣に食ってかかった。

 とはいえ、3度目のブルペンとなった13日に阿部が球を受けてから空気が変わった。

「中大の先輩でもある阿部はマスコミには『球が重いね』と褒める一方、沢村には『実戦的なこともやっていけよ。後輩も見ているんだぞ』とマイペース調整にカツを入れることも忘れなかった。頑固者の沢村は自分で決めたことは譲らない性格。誰が何を言っても聞く耳を持たないところがある。原前監督時代はキャンプ初日に半強制的にブルペンに入らなければならない雰囲気があったが、その監督がいなくなり、今や『効果』があるのは阿部の言葉くらい。阿部が捕手の時だけは全力に近い状態で投げていた」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る