日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カギは打線 楽天・則本「孤立無援」で浮上する“米挑戦”

 4年連続開幕投手を務める楽天の則本昂大(25)が、今キャンプで初めて打撃投手を務めた。

「ボール自体は悪くなかった。変化球もストライクが取れた。最初にしては非常に良かった」(則本)

 梨田監督も「最低でも貯金5つ、多ければ10個ぐらい貯金をつくってほしい」と、期待を寄せる。

 しかし、現実的には無理な注文だ。2年連続最下位となった昨季のチーム打率は2割4分1厘で、12球団ワースト。打線の立て直しのため、メジャー通算162本塁打のゴームズ(35)を獲得したが、昨季はわずか7本塁打と下り坂。とてもじゃないが、貧打解消、長打力不足を補えるとは思えない。

 しかも、則本は入団1年目は15勝8敗、防御率3.34、2年目は14勝10敗、防御率3.02、3年目は10勝11敗、防御率2.91と、年々、防御率が良くなっているのに、勝ち星は減り、負け数が増えている。いかに打線に恵まれていないかが、よく分かる。

 一昨年、球団から異例の複数年契約を提示されたが、固辞。今季もオンボロ打線に足を引っ張られるようなら、いつ「メジャーに行かせろ」と言い出してもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事