楽天梨田監督 キャンプ初日に開幕投手指名の裏事情

公開日:  更新日:

 1日、楽天の梨田新監督は開幕投手に昨季10勝11敗の則本(25)を指名。指揮官から直接、吉報を告げられた則本は、
「(開幕戦の)3月25日には100%のパフォーマンスができるように準備したい」と、鼻息も荒く話した。

 それにしても、早い。過去にもこの時期に開幕投手を決めた球団はないわけではない。今季のDeNAのようにキャンプ前から指名する球団もあるが、それはごくまれ。多くの場合、指揮官はあえて明言しないことによって、投手陣を競わせていた。

 梨田監督がそうした慣例を破ったのはなぜか。ある球団OBは「じゃあ、他に候補がいますか?」とこう話す。

「則本は昨季、チーム唯一の2ケタ勝利。次点は7勝の戸村ですが、こちらは登板試合の半数が中継ぎ。先発では6勝です。あとは5勝の辛島や4勝の菊池らしかいない。仮に『開幕投手争いだ』とハッパをかけたところで、現実味がない。そうした競争は同等のレベルの投手が数人いてこそ成り立つ。それならば最初から則本と決めて、しっかり調整させた方がマシですよ」

 ルーキーイヤー(13年)から4年連続開幕というのは則本が球界初。13年は田中(現ヤンキース)がWBCに出場したため、お鉢が回ってきた。あれから3年、則本と並び立つ先発投手は誰も育っていない。楽天の投手不足、ここに極まれり、とも言えるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る