1億2000万円更改の楽天・則本 「単年で勝負」発言の本音

公開日:  更新日:

 楽天の則本昂大(23)が3日、契約を更改した。今季はリーグ2位の14勝(10敗)を挙げ、奪三振(204個)のタイトルも獲得。年俸6000万円から倍となる1億2000万円の大幅アップを勝ち取った。

 入団3年目での大台突破は球団史上最速。田中(ヤンキース)ですら、3年目は年俸7500万円だった。球界を見渡しても、3年目の年俸としては07年のマイケル中村(1億5800万円、元日本ハム)に次ぐ史上2番目の数字だ。

「想像以上に高い評価をしていただいた。素直にうれしいです」と満面の笑みで話した則本。球団から提示のあった複数年契約については、「まだ2年しかやっていないので単年で勝負したい」と断ったことを明かした。

■球団提示の「3年3億円」は安すぎる

 こうなると早期の海外流出も現実味を帯びてくる。則本は先輩の田中を慕っており、楽天入団後は加速度的にメジャーへの憧れが強くなっているという。日米野球ではノーヒットノーランを達成した試合の先発として活躍し、星野SAも「メジャーに行きたがるんじゃないか」と懸念している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る