驚異の打撃力で脚光 巨人ドラ2重信はグラウンド外でも多才

公開日:  更新日:

 新人が躍動している。巨人ドラフト2位の重信慎之介(22=早大)が好走塁でベンチ、スタンドを驚かせた。

 18日、韓国LGとの練習試合の五回。右前安打で出塁すると、吉川の右翼右方向への飛球でタッチアップ。50メートル5秒7の快足を飛ばし、二塁を陥れた。

 初の対外試合に「2番・左翼」でスタメン出場し、4打数3安打1打点1四球1盗塁の活躍だった。牽制死と走塁死の2度のミスはご愛嬌。高橋監督は「打撃もそうだし、一塁からタッチアップしたり、積極的なところが出てアピールしてくれている」とニンマリだ。紅白戦2試合を合わせると12打数8安打、打率.667と打ちまくっている。

 早実から早大。子供の頃から習っていたという英語はペラペラで、プロ野球選手になっていなかったら、海外で働く夢があったという。趣味は読書とカフェ巡り。外出はシャツとジャケット着用が基本だという。およそプロ野球らしくない選手なのだ。当然、現段階のチームメートの評判はこうなる。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る