驚異の打撃力で脚光 巨人ドラ2重信はグラウンド外でも多才

公開日: 更新日:

 新人が躍動している。巨人ドラフト2位の重信慎之介(22=早大)が好走塁でベンチ、スタンドを驚かせた。

 18日、韓国LGとの練習試合の五回。右前安打で出塁すると、吉川の右翼右方向への飛球でタッチアップ。50メートル5秒7の快足を飛ばし、二塁を陥れた。

 初の対外試合に「2番・左翼」でスタメン出場し、4打数3安打1打点1四球1盗塁の活躍だった。牽制死と走塁死の2度のミスはご愛嬌。高橋監督は「打撃もそうだし、一塁からタッチアップしたり、積極的なところが出てアピールしてくれている」とニンマリだ。紅白戦2試合を合わせると12打数8安打、打率.667と打ちまくっている。

 早実から早大。子供の頃から習っていたという英語はペラペラで、プロ野球選手になっていなかったら、海外で働く夢があったという。趣味は読書とカフェ巡り。外出はシャツとジャケット着用が基本だという。およそプロ野球らしくない選手なのだ。当然、現段階のチームメートの評判はこうなる。ある選手がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る