肉体改造成功も…ダルの「ビルドアップ」に見えない不安

公開日: 更新日:

 大柄な選手の中でもひときわ目立っているのがレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)だ。

 右肘手術からの復活を目指すエース右腕は24日(日本時間25日)、今キャンプ2度目のブルペン入り。バニスター監督、ブロケイル新投手コーチが見守る中、傾斜の緩い半分の高さのマウンドから、カットボール、チェンジアップも交えて20球を投げた。次回26日から27日に予定されている3度目のブルペンでは25球まで増やす。

 ここまで予定通りにリハビリメニューをこなしているダルは「スピードもあったし満足しています。投げた後の張りもありません」と笑顔を見せた。

 現役時代にダルと同じトミー・ジョン(腱の再建)手術を2度も受けたブロケイル投手コーチからは「自分は(術後に)フォームが乱れた。どの球種も同じフォームから投げられているので順調そうだな」と回復ぶりに太鼓判を押されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  8. 8

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る