弟の野球賭博で猜疑の目 ダルが“シロ”でも受ける嫌がらせ

公開日:  更新日:

 一度、貼られたレッテルは簡単には拭えそうにない。

 実弟が昨年10月に野球賭博で逮捕されたことに絡み、MLBが調査に動いているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)のことだ。

 ダルの野球賭博への関与については今後、MLBの調査で明らかにされるが、結果がシロでもクロでも受難のシーズンになる。一度、不正を疑われた選手はMLBや審判から厳しくマークされるからだ。

 メジャーでプレー経験がある日本人選手は、スポーツ賭博への関与を噂された同僚が、あらぬ疑いをかけられたのを目の当たりにしている。その同僚はMLBの調査の結果、賭博に関与した事実はなかったため開幕からの出場を認められたが、シーズン中は度重なる嫌がらせに遭ったという。

「特に禁止薬物使用を疑われた。前年と比べて体つきが変わったり、パワーアップしたわけではないのに、試合後に抜き打ちで行われるドーピング検査は他の選手と比べて明らかに多かった。もちろん、何度検査しても禁止薬物は見つからなかった。確たる証拠はありませんが、チーム内ではMLBの嫌がらせに違いないと噂していたものです」(前出の日本人選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る