弟の野球賭博で猜疑の目 ダルが“シロ”でも受ける嫌がらせ

公開日: 更新日:

 一度、貼られたレッテルは簡単には拭えそうにない。

 実弟が昨年10月に野球賭博で逮捕されたことに絡み、MLBが調査に動いているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)のことだ。

 ダルの野球賭博への関与については今後、MLBの調査で明らかにされるが、結果がシロでもクロでも受難のシーズンになる。一度、不正を疑われた選手はMLBや審判から厳しくマークされるからだ。

 メジャーでプレー経験がある日本人選手は、スポーツ賭博への関与を噂された同僚が、あらぬ疑いをかけられたのを目の当たりにしている。その同僚はMLBの調査の結果、賭博に関与した事実はなかったため開幕からの出場を認められたが、シーズン中は度重なる嫌がらせに遭ったという。

「特に禁止薬物使用を疑われた。前年と比べて体つきが変わったり、パワーアップしたわけではないのに、試合後に抜き打ちで行われるドーピング検査は他の選手と比べて明らかに多かった。もちろん、何度検査しても禁止薬物は見つからなかった。確たる証拠はありませんが、チーム内ではMLBの嫌がらせに違いないと噂していたものです」(前出の日本人選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る