• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

弟の野球賭博で猜疑の目 ダルが“シロ”でも受ける嫌がらせ

 一度、貼られたレッテルは簡単には拭えそうにない。

 実弟が昨年10月に野球賭博で逮捕されたことに絡み、MLBが調査に動いているレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)のことだ。

 ダルの野球賭博への関与については今後、MLBの調査で明らかにされるが、結果がシロでもクロでも受難のシーズンになる。一度、不正を疑われた選手はMLBや審判から厳しくマークされるからだ。

 メジャーでプレー経験がある日本人選手は、スポーツ賭博への関与を噂された同僚が、あらぬ疑いをかけられたのを目の当たりにしている。その同僚はMLBの調査の結果、賭博に関与した事実はなかったため開幕からの出場を認められたが、シーズン中は度重なる嫌がらせに遭ったという。

「特に禁止薬物使用を疑われた。前年と比べて体つきが変わったり、パワーアップしたわけではないのに、試合後に抜き打ちで行われるドーピング検査は他の選手と比べて明らかに多かった。もちろん、何度検査しても禁止薬物は見つからなかった。確たる証拠はありませんが、チーム内ではMLBの嫌がらせに違いないと噂していたものです」(前出の日本人選手)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る