尾花投手Cの信頼も絶大 “鉄腕”山口が今季も巨人救援支える

公開日: 更新日:

 巨人の「生命線」が状態を上げてきた。24日、山口鉄也(32)が中日との練習試合の四回に2番手として登板。18日の試合に続く2度目の登板も、1イニングを無失点と危なげなかった。

 14年に左ヒジを痛めたこともあり、昨季は自己ワーストの5敗。沖縄の2次キャンプに入ってからフリー打撃に登板するなど、慎重に調整を進めてきた。「もともと心配していない」と全幅の信頼を寄せる高橋由伸監督(40)も目を細めている。

 尾花投手コーチは昨季3人で16敗を喫した山口、マシソン、沢村の勝利の方程式の強化、もしくはテコ入れを示唆している。その一環として先発調整中のマシソンは、実戦で適性を見せている。あくまで救援として復調させるための措置だというが、先発のポレダをどこかのタイミングで救援陣に配置転換する仰天構想も温めているというから流動的だ。

 抑えの沢村は体調不良で1日離脱した影響から、キャンプ中の実戦登板を見送った。何らかのトラブル発生なら、数々の修羅場をくぐり抜けてきた経験値で、山口が守護神を務める可能性が浮上する。以前、原監督時代に断固拒否したことがあるが、今は新監督。打診されれば、今度ばかりは一肌脱ぐしかない。尾花コーチは昨秋の一軍投手コーチ就任以来、山口の状態を気にかけながら、こう口にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍