日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尾花投手Cの信頼も絶大 “鉄腕”山口が今季も巨人救援支える

 巨人の「生命線」が状態を上げてきた。24日、山口鉄也(32)が中日との練習試合の四回に2番手として登板。18日の試合に続く2度目の登板も、1イニングを無失点と危なげなかった。

 14年に左ヒジを痛めたこともあり、昨季は自己ワーストの5敗。沖縄の2次キャンプに入ってからフリー打撃に登板するなど、慎重に調整を進めてきた。「もともと心配していない」と全幅の信頼を寄せる高橋由伸監督(40)も目を細めている。

 尾花投手コーチは昨季3人で16敗を喫した山口、マシソン、沢村の勝利の方程式の強化、もしくはテコ入れを示唆している。その一環として先発調整中のマシソンは、実戦で適性を見せている。あくまで救援として復調させるための措置だというが、先発のポレダをどこかのタイミングで救援陣に配置転換する仰天構想も温めているというから流動的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事