初ブルペンをナイン絶賛 巨人菅野の豹変に「原退任」効果

公開日: 更新日:

 ガンガン投げ込んだ。巨人の菅野智之(26)が2日、宮崎春季キャンプで初めてブルペン入りし、捕手の相川相手に63球。直球の伸び、キレ、スライダーの鋭い曲がりを目の当たりにしたベテランの相川が、「去年とは球の質が変わった。別世界に行きそうな感じ。ボクが知っている菅野の球じゃない」と目を見開くデキだった。

 本人は、「最初にしては良かった。(現時点の状態は)4年間で一番いい。調子に乗ってペースを上げたら水の泡。ペースを保ちながらやっていきたい」と涼しい顔だったが、見守った高橋由伸監督(40)も珍しく興奮気味にこう言った。

「凄い球を投げてたね。ビックリした。いい意味で心配になる仕上がり。開幕投手? 普通にいけばそうなる。まだ決めてないけど、本人もそのつもりでしょう」

 慎重な指揮官が3年連続の開幕投手に言及するほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る