初ブルペンをナイン絶賛 巨人菅野の豹変に「原退任」効果

公開日:  更新日:

 ガンガン投げ込んだ。巨人の菅野智之(26)が2日、宮崎春季キャンプで初めてブルペン入りし、捕手の相川相手に63球。直球の伸び、キレ、スライダーの鋭い曲がりを目の当たりにしたベテランの相川が、「去年とは球の質が変わった。別世界に行きそうな感じ。ボクが知っている菅野の球じゃない」と目を見開くデキだった。

 本人は、「最初にしては良かった。(現時点の状態は)4年間で一番いい。調子に乗ってペースを上げたら水の泡。ペースを保ちながらやっていきたい」と涼しい顔だったが、見守った高橋由伸監督(40)も珍しく興奮気味にこう言った。

「凄い球を投げてたね。ビックリした。いい意味で心配になる仕上がり。開幕投手? 普通にいけばそうなる。まだ決めてないけど、本人もそのつもりでしょう」

 慎重な指揮官が3年連続の開幕投手に言及するほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る