初ブルペンをナイン絶賛 巨人菅野の豹変に「原退任」効果

公開日: 更新日:

 ガンガン投げ込んだ。巨人菅野智之(26)が2日、宮崎春季キャンプで初めてブルペン入りし、捕手の相川相手に63球。直球の伸び、キレ、スライダーの鋭い曲がりを目の当たりにしたベテランの相川が、「去年とは球の質が変わった。別世界に行きそうな感じ。ボクが知っている菅野の球じゃない」と目を見開くデキだった。

 本人は、「最初にしては良かった。(現時点の状態は)4年間で一番いい。調子に乗ってペースを上げたら水の泡。ペースを保ちながらやっていきたい」と涼しい顔だったが、見守った高橋由伸監督(40)も珍しく興奮気味にこう言った。

「凄い球を投げてたね。ビックリした。いい意味で心配になる仕上がり。開幕投手? 普通にいけばそうなる。まだ決めてないけど、本人もそのつもりでしょう」

 慎重な指揮官が3年連続の開幕投手に言及するほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る