投手起用の不安も吐露…G高橋由伸監督が数々「本音」語る

公開日: 更新日:

 巨人・高橋由伸監督(40)が指揮官として初めての春季キャンプに臨んでいる。原辰徳前監督(57)の辞任により引退して即監督に就任。青年監督が日刊ゲンダイ本紙の独占インタビューに応じ、阿部の捕手復帰の真意や坂本、長野2人の生え抜きへの思い、チーム再建についてなど大いに語った。

――現役時代、長嶋監督、堀内監督、原監督のもとでプレーしています。3人はどんな存在? 理想の監督像は?

「3人とも存在感があった。大事なことだと思います。それぞれ個性があって。誰がどうというより、見習うところは多いと思います」

――監督として最も大事なことは何だと考えていますか? 言葉、決断力、信念、我慢……。いろいろあると思いますが。

「大事なのは『決断力』じゃないですかね。まずは、これを身に付けないとと思っています。レギュラーを誰にするかという決断。当然、ボクが現場のトップなわけですから、シーズンが始まれば、いろいろなことを決断しないといけない。これが一番必要なことだと思います。あとは『言葉』も大事になってくる。もうプレーをするわけではないので、選手に言葉で説明する場面が増えてくると思いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る