投手起用の不安も吐露…G高橋由伸監督が数々「本音」語る

公開日:  更新日:

 巨人・高橋由伸監督(40)が指揮官として初めての春季キャンプに臨んでいる。原辰徳前監督(57)の辞任により引退して即監督に就任。青年監督が日刊ゲンダイ本紙の独占インタビューに応じ、阿部の捕手復帰の真意や坂本、長野2人の生え抜きへの思い、チーム再建についてなど大いに語った。

――現役時代、長嶋監督、堀内監督、原監督のもとでプレーしています。3人はどんな存在? 理想の監督像は?

「3人とも存在感があった。大事なことだと思います。それぞれ個性があって。誰がどうというより、見習うところは多いと思います」

――監督として最も大事なことは何だと考えていますか? 言葉、決断力、信念、我慢……。いろいろあると思いますが。

「大事なのは『決断力』じゃないですかね。まずは、これを身に付けないとと思っています。レギュラーを誰にするかという決断。当然、ボクが現場のトップなわけですから、シーズンが始まれば、いろいろなことを決断しないといけない。これが一番必要なことだと思います。あとは『言葉』も大事になってくる。もうプレーをするわけではないので、選手に言葉で説明する場面が増えてくると思いますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る