新天地ヤクルトで“1号弾” 鵜久森「未完の大器」から覚醒へ

公開日: 更新日:

「1打席勝負なんで、結果を出してアピールしていくしかない」

 今季からヤクルト入りした鵜久森(29)が28日の巨人戦で移籍後“初本塁打”を左中間スタンドに放ってこう言った。

 昨オフ、11年間在籍した日本ハムを戦力外となり、ヤクルトに拾われた。11年間の一軍出場は146試合だが、12年にはイースタンで最多本塁打(12本)を放つなど、パンチ力が魅力の選手だ。

「新陳代謝の激しい日ハムに11年間も在籍したのは、それだけ潜在能力が高いと評価されていたから。ただ、日ハムの外野は層が厚いうえ、広い札幌ドームでは守備力も重要になる。外国人選手並みに打てばともかく、一軍定着は難しかった。彼の持ち味は遠くに飛ばすことより、広角に強い打球を打てること。ヤクルトに鵜久森のようなタイプは少ないだけに、新天地で生きると思う」(日本ハムOB)

 鵜久森はこの日、「ホームランを打つことよりも、強い打球を打つことだけを考えていた」と言った。当面は代打での起用が続くが、本来の打撃スタイルを突き詰めることで「未完の大器」は目覚めるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る