新天地ヤクルトで“1号弾” 鵜久森「未完の大器」から覚醒へ

公開日: 更新日:

「1打席勝負なんで、結果を出してアピールしていくしかない」

 今季からヤクルト入りした鵜久森(29)が28日の巨人戦で移籍後“初本塁打”を左中間スタンドに放ってこう言った。

 昨オフ、11年間在籍した日本ハムを戦力外となり、ヤクルトに拾われた。11年間の一軍出場は146試合だが、12年にはイースタンで最多本塁打(12本)を放つなど、パンチ力が魅力の選手だ。

「新陳代謝の激しい日ハムに11年間も在籍したのは、それだけ潜在能力が高いと評価されていたから。ただ、日ハムの外野は層が厚いうえ、広い札幌ドームでは守備力も重要になる。外国人選手並みに打てばともかく、一軍定着は難しかった。彼の持ち味は遠くに飛ばすことより、広角に強い打球を打てること。ヤクルトに鵜久森のようなタイプは少ないだけに、新天地で生きると思う」(日本ハムOB)

 鵜久森はこの日、「ホームランを打つことよりも、強い打球を打つことだけを考えていた」と言った。当面は代打での起用が続くが、本来の打撃スタイルを突き詰めることで「未完の大器」は目覚めるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る