“青木2世”ヤクルト山崎が「クソまじめ」といわれるワケ

公開日: 更新日:

 去る13日のDeNAとの練習試合中、ヤクルト山崎晃太郎(22)が三木ヘッドコーチに声をかけられた。

「初めての実戦で凄い投球だな、打球だなと感じるのはよくわかる。でも、それは1イニングだけで終わりにしよう」

 新人の山崎にとってプロは当然、初対戦の投手ばかり。その投手を攻略するには何が大事なのか。投手のクイックは速いか、牽制はうまいか、初球の入り方は……。

「三木ヘッドからは『そういった情報を頭に入れ、メモにして整理をし、自分の財産にしていこう』ということを話してもらいました」(山崎)

 早速、情報を生かした。一塁の代走から途中出場した山崎は、大学時代にはやったことがなかった偽走を仕掛け、相手バッテリーを揺さぶった。

 三木ヘッド、福地外野守備走塁コーチから学び、初の実戦で試した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る