“青木2世”ヤクルト山崎が「クソまじめ」といわれるワケ

公開日:  更新日:

 去る13日のDeNAとの練習試合中、ヤクルト山崎晃太郎(22)が三木ヘッドコーチに声をかけられた。

「初めての実戦で凄い投球だな、打球だなと感じるのはよくわかる。でも、それは1イニングだけで終わりにしよう」

 新人の山崎にとってプロは当然、初対戦の投手ばかり。その投手を攻略するには何が大事なのか。投手のクイックは速いか、牽制はうまいか、初球の入り方は……。

「三木ヘッドからは『そういった情報を頭に入れ、メモにして整理をし、自分の財産にしていこう』ということを話してもらいました」(山崎)

 早速、情報を生かした。一塁の代走から途中出場した山崎は、大学時代にはやったことがなかった偽走を仕掛け、相手バッテリーを揺さぶった。

 三木ヘッド、福地外野守備走塁コーチから学び、初の実戦で試した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る