ヤクルト大引の“至福”にTVオフタイマーが欠かせないワケ

公開日: 更新日:

「自宅でも遠征先でも、寝る前には必ずテレビをつける」

 と言う大引は、テレビの「オフタイマー機能」がなくてはならない存在だという。

「キャンプ、シーズン中を問わず、ベッドに横たわってテレビをボーッと見ながら、かすかに音が聞こえる中で、ああ眠りに落ちそうだなっていう瞬間が僕にとって、もっとも至福の時なんです。緊張感がある中で練習、試合をやって、とにかく寝る寸前までリラックスしたいと思ってるんですよ。だから、『オフタイマー』は欠かせませんね。でも、ごくごくまれに、ホテルのテレビにオフタイマーの機能がついていない時があって……。これはもう大ショックですね(苦笑)」

 日本ハムから一昨年オフにヤクルトにFAで移籍してきた。チームはリーグ優勝を果たしたものの、自身は96試合出場で打率・225、5本塁打、41打点と納得のいく成績を挙げることができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る