巨人・阿部慎之介 一軍キャンプで“年寄り扱い”拒否の真意

公開日: 更新日:

 巨人は20日、春季キャンプの一、二、三軍メンバーの振り分けを発表した。

 新人では1位・桜井、2位・重信、7位・中川が一軍メンバー入り。高橋監督が「(本隊とは)別でやらせてもいいのかなと思っている」と明かしていた阿部慎之助(36)の一軍スタートも決まった。

 完全別メニュー調整もOKの立場だが、阿部がそれを断ったのには理由があるという。阿部と近い関係者がこう明かす。

「背水の陣で臨むという本人の決意もありますが、ずっと前から心配しているのは捕手の後継者問題。オフのイベントで『コーチに怒られている時にクロワッサンをパクッと食べちゃう。もうそれ、完全アウト。誰って小林のことですよ』とネタにした後輩のことです。実は一方で『あいつを何とかしないと』と漏らすこともあって小林の行く末を心配している。仮に自身が捕手に復帰しても、37歳で開幕を迎えるだけに、いつまでもマスクをかぶれるわけではないし、いずれは小林に生え抜き正捕手として、自らの後継者になって欲しいのが本音。小林が今年レギュラーに定着できないようなら、オフには大物捕手がFAで投入されるかもしれないと、長年巨人にいれば想像できるでしょう。どこかノホホンとしている小林の尻を叩く意味でも、一軍スタートで一緒に捕手の練習をしながら、危機感を持たせたい気持ちが強いようです」

 26歳の小林は39歳の先輩捕手・相川とサイパンで自主トレを行っている。ベテランに弟子入りして変わったのか、変わっていないのか。深刻な捕手問題を誰よりも憂えている阿部は、自身の目で確かめたいのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る