スロープレー罰則改定 “札付き”ノロノロ女子プロは誰だ?

公開日: 更新日:

 今季女子ツアーが、昨年より1試合増の38試合になっていよいよスタートしたが、試合でのローカルルールも改定され、「プレーのペース」の計測方法と罰則が変更になった。

「大きな変更点は、昨年まで1ホールの合計タイムを対象に罰則が決まりましたが、今年から1打を対象に計測するようになったことです」(女子プロ協会広報)

 従来はスコアによってペナルティー対象の時間が決まっていた。1ホールで3打を要したら101秒以内、4打131秒、5打161秒で、これをオーバーすると1罰打から競技失格までのペナルティーを科せられた。7打以上は競技委員の裁定となっていたが、今年から1打につき50秒以内になったのだ。

「今回の改定には世界中でスロープレーをなくそうというファストプレー運動が背景にあります。昨年まで3打101秒以内で、今年は150秒(50秒×3打)と長くなったように思えますが、グリーン上でのプレー遅延が顕著です。従来はティーショット10秒、セカンド10秒ならグリーン上で81秒かけてもよかった。ところが今年から時間をかけられないわけです。また昨年までは同伴プレーヤー3人も連帯責任でしたが、これからは個人がターゲットになります」(前出の広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る