スロープレー罰則改定 “札付き”ノロノロ女子プロは誰だ?

公開日: 更新日:

 今季女子ツアーが、昨年より1試合増の38試合になっていよいよスタートしたが、試合でのローカルルールも改定され、「プレーのペース」の計測方法と罰則が変更になった。

「大きな変更点は、昨年まで1ホールの合計タイムを対象に罰則が決まりましたが、今年から1打を対象に計測するようになったことです」(女子プロ協会広報)

 従来はスコアによってペナルティー対象の時間が決まっていた。1ホールで3打を要したら101秒以内、4打131秒、5打161秒で、これをオーバーすると1罰打から競技失格までのペナルティーを科せられた。7打以上は競技委員の裁定となっていたが、今年から1打につき50秒以内になったのだ。

「今回の改定には世界中でスロープレーをなくそうというファストプレー運動が背景にあります。昨年まで3打101秒以内で、今年は150秒(50秒×3打)と長くなったように思えますが、グリーン上でのプレー遅延が顕著です。従来はティーショット10秒、セカンド10秒ならグリーン上で81秒かけてもよかった。ところが今年から時間をかけられないわけです。また昨年までは同伴プレーヤー3人も連帯責任でしたが、これからは個人がターゲットになります」(前出の広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る