スロープレー罰則改定 “札付き”ノロノロ女子プロは誰だ?

公開日:  更新日:

 今季女子ツアーが、昨年より1試合増の38試合になっていよいよスタートしたが、試合でのローカルルールも改定され、「プレーのペース」の計測方法と罰則が変更になった。

「大きな変更点は、昨年まで1ホールの合計タイムを対象に罰則が決まりましたが、今年から1打を対象に計測するようになったことです」(女子プロ協会広報)

 従来はスコアによってペナルティー対象の時間が決まっていた。1ホールで3打を要したら101秒以内、4打131秒、5打161秒で、これをオーバーすると1罰打から競技失格までのペナルティーを科せられた。7打以上は競技委員の裁定となっていたが、今年から1打につき50秒以内になったのだ。

「今回の改定には世界中でスロープレーをなくそうというファストプレー運動が背景にあります。昨年まで3打101秒以内で、今年は150秒(50秒×3打)と長くなったように思えますが、グリーン上でのプレー遅延が顕著です。従来はティーショット10秒、セカンド10秒ならグリーン上で81秒かけてもよかった。ところが今年から時間をかけられないわけです。また昨年までは同伴プレーヤー3人も連帯責任でしたが、これからは個人がターゲットになります」(前出の広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る