スロープレー罰則改定 “札付き”ノロノロ女子プロは誰だ?

公開日: 更新日:

 もちろん公表はしていないが、協会にはブラックリストがある。女子プロの間では申ジエ横峯さくらの後続組になると「遅くなるからイヤ」というのは有名な話だ。ヤング・キムも遅かった。またアマチュアの新垣比菜もバッグを担ぐ父親がラウンド中にレッスンを始めて遅いというクレームも出ている。

「スロープレーの原因のひとつは帯同キャディーと延々相談すること。それは日本人選手よりも米ツアーを経験した選手のほうが多い。それで目をつけられているのが有村智恵です。すでにグリーン回りではイップスの傾向が見られ、アプローチの素振りが長すぎる。主戦場は米下部ツアーですが、米ツアープロ気取りでたっぷり時間をかければ、すぐにイエローカードが飛び出しますよ」(ツアー関係者)

 有村は米下部ツアーから米レギュラー復帰を狙っている。しかし2週前のISPS豪州オープンを欠場して、下部ツアーにエントリーしながら腰痛のため棄権と体調も万全ではない。今大会初日は2オーバー40位タイと出遅れて見せ場もなかった。28歳になり、いまさら早くプレーしろといわれても、体がうまく反応しないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る