• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルも大慌て 野村敏京の米ツアー初Vに思わぬ“副作用”

 米女子ツアーで日本人7人目の優勝(国内開催を除く)を飾った野村敏京(23)が世界ランクを67位から48位に上げ、日本勢4人を抜いて同40位の宮里美香(26)、同41位の大山志保(38)に次ぐ、3番手に浮上。リオ五輪の本命候補に躍り出た(世界ランク上位2人が出場権を得られる)。

 野村は今回の優勝で今季の米ツアーすべての試合に出場できることになった。米ツアーの世界ランクの換算ポイントは日本ツアーに比べて3倍近いといわれるだけに、今後の成績次第では一気に2人を抜き去る可能性が高くなったのだ。

 父親が日本人で母親が韓国人の野村は5歳まで横浜で過ごし、その後、両親が離婚。母親と韓国に渡り、2010年に「父が日本人だから」という理由で日本国籍を取得。翌11年、日本ツアー初出場初優勝を遂げた際には、「五輪に絶対出たい。金メダルを絶対取りたい」と述べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る