日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルも大慌て 野村敏京の米ツアー初Vに思わぬ“副作用”

 米女子ツアーで日本人7人目の優勝(国内開催を除く)を飾った野村敏京(23)が世界ランクを67位から48位に上げ、日本勢4人を抜いて同40位の宮里美香(26)、同41位の大山志保(38)に次ぐ、3番手に浮上。リオ五輪の本命候補に躍り出た(世界ランク上位2人が出場権を得られる)。

 野村は今回の優勝で今季の米ツアーすべての試合に出場できることになった。米ツアーの世界ランクの換算ポイントは日本ツアーに比べて3倍近いといわれるだけに、今後の成績次第では一気に2人を抜き去る可能性が高くなったのだ。

 父親が日本人で母親が韓国人の野村は5歳まで横浜で過ごし、その後、両親が離婚。母親と韓国に渡り、2010年に「父が日本人だから」という理由で日本国籍を取得。翌11年、日本ツアー初出場初優勝を遂げた際には、「五輪に絶対出たい。金メダルを絶対取りたい」と述べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事