侍ジャパン辞退続出も…強化試合で稼ぎたいNPBのお寒い事情

公開日:  更新日:

 まるでドロ舟から逃げ出すかのように辞退者が続出している。5、6日に行われる侍ジャパンの強化試合(対台湾)の出場メンバーのことだ。

 各球団のエース級はほとんど出ないし、4日には扇の要ともいうべき捕手の嶋(31=楽天)まで辞退。3日のオープン戦で左手甲を痛め、途中交代していた。

 今回の強化試合は1年後のWBCに向けたものだ。本番はメンバーだってガラリと替わるし、そもそも開幕直前のこの時期、選手はもちろん、各球団の首脳陣だって選手を出したくないのが本音に決まっている。それでも強行するのはスポンサー収入や放映権料を稼ぎたいNPBの思惑が大きい。

 本番のWBCは各国のスポンサー料や放映権料が一括していったん運営会社に入り、それを各国で分配する。09年は米国が66%、日本は13%だったとか。日本の09年の収支は優勝賞金が入ってトントン、準決勝で敗退した13年は数千万円の赤字だったといわれる。対照的に2次ラウンド敗退の米国は数十億円の黒字らしい。

 現場はだれもやりたがらない強化試合までやってしこしこ稼ぐしかない日本は、WBCをあくまでカネ儲けと割り切ってキャンプすらやらない米国に笑われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る