侍ジャパン辞退続出も…強化試合で稼ぎたいNPBのお寒い事情

公開日: 更新日:

 まるでドロ舟から逃げ出すかのように辞退者が続出している。5、6日に行われる侍ジャパンの強化試合(対台湾)の出場メンバーのことだ。

 各球団のエース級はほとんど出ないし、4日には扇の要ともいうべき捕手の嶋(31=楽天)まで辞退。3日のオープン戦で左手甲を痛め、途中交代していた。

 今回の強化試合は1年後のWBCに向けたものだ。本番はメンバーだってガラリと替わるし、そもそも開幕直前のこの時期、選手はもちろん、各球団の首脳陣だって選手を出したくないのが本音に決まっている。それでも強行するのはスポンサー収入や放映権料を稼ぎたいNPBの思惑が大きい。

 本番のWBCは各国のスポンサー料や放映権料が一括していったん運営会社に入り、それを各国で分配する。09年は米国が66%、日本は13%だったとか。日本の09年の収支は優勝賞金が入ってトントン、準決勝で敗退した13年は数千万円の赤字だったといわれる。対照的に2次ラウンド敗退の米国は数十億円の黒字らしい。

 現場はだれもやりたがらない強化試合までやってしこしこ稼ぐしかない日本は、WBCをあくまでカネ儲けと割り切ってキャンプすらやらない米国に笑われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る