営業もがっかり…楽天・安楽“大炎上”で開幕ローテも白紙

公開日: 更新日:

 球団のもくろみもご破算となりかねない。

 オフにKoboスタ宮城の大規模改修に着手した楽天。これまで人工芝だったグラウンドを天然芝に張り替え、外野後方にはパドレスが本拠地とするペトコパークに倣って公園席を増設。収容人数はこれまでの2万8451人から3万人超になるという。

 昨季の観客動員数は過去最多の約152万人。それでも12球団中11位だった。メジャー並みのボールパークを目指す楽天だけに、新しい「ハコ」に昨季以上のファンを呼びたいところだ。

 そこでウリにしたかったのが、安楽智大(19)とオコエ瑠偉(18)の14、15年ドラ1コンビ。いずれも甲子園で活躍したスター選手で、投打の若手を前面に押し出し、客足を増やしたいとソロバンをはじいていたのは間違いないだろう。

 しかし、その安楽が先発した3日のオープン戦(西武)で3回11安打7失点の大炎上。開幕ローテ入りを目指して当初は6回を投げる予定だったが、その半分でKOされた。当然、開幕ローテも白紙である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る