早くも162キロの日ハム大谷 壊滅「ダル門下生」と何が違う

公開日: 更新日:

 いまや米大リーグ、レンジャーズのエースを張るダルビッシュ(29)はとにかく後輩の面倒見がいい。

 食事をごちそうするばかりか、技術的なアドバイスをすることもしばしば。中村勝(24)、ダース(27)、土屋健二(25)らは日本ハム時代の門下生。自主トレも一緒にやった彼らは、しかし、伸び悩んだ。

 中村は09年のドラフト1位ながらいまだ2ケタ勝利が1度もないし、ダースや土屋はすでにプロ野球界にいない。口さがない連中は「ダルにぶっ壊されたんじゃないか。教えてもらって、逆におかしくなった」などと話している。

 さて、そんなダルからこのオフ、トレーニング方法や体づくりも含めてさまざまなアドバイスを受けたのが、日本ハムの大谷翔平(21)だ。

 2日は札幌ドームの巨人戦に先発し、5回を2安打無四球無失点、8奪三振。四回2死からギャレットへの2球目は、自身が持つ公式戦最速記録と同じ162キロをマークした。2月中の実戦からこれで計10イニング、点を取られていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る