早くも162キロの日ハム大谷 壊滅「ダル門下生」と何が違う

公開日: 更新日:

 いまや米大リーグ、レンジャーズのエースを張るダルビッシュ(29)はとにかく後輩の面倒見がいい。

 食事をごちそうするばかりか、技術的なアドバイスをすることもしばしば。中村勝(24)、ダース(27)、土屋健二(25)らは日本ハム時代の門下生。自主トレも一緒にやった彼らは、しかし、伸び悩んだ。

 中村は09年のドラフト1位ながらいまだ2ケタ勝利が1度もないし、ダースや土屋はすでにプロ野球界にいない。口さがない連中は「ダルにぶっ壊されたんじゃないか。教えてもらって、逆におかしくなった」などと話している。

 さて、そんなダルからこのオフ、トレーニング方法や体づくりも含めてさまざまなアドバイスを受けたのが、日本ハムの大谷翔平(21)だ。

 2日は札幌ドームの巨人戦に先発し、5回を2安打無四球無失点、8奪三振。四回2死からギャレットへの2球目は、自身が持つ公式戦最速記録と同じ162キロをマークした。2月中の実戦からこれで計10イニング、点を取られていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る