41歳でなお進化 広島・黒田“新フロントドア”はどんな球種

公開日: 更新日:

 6安打3失点と打たれた揚げ句、打球を足に当てられ三回途中でマウンドを降りた。それでも、広島の黒田博樹(41)の顔には充実感があった。

「ああいう球が増えれば幅が広がりますから」

 そう振り返ったのが、三回に打者・浅村を見逃し三振に仕留めた1球である。内角のボールゾーンからストライクゾーンへ入る代名詞の「フロントドア」だったが、いつもとは球種が違った。他球団のスコアラーがこう言った。

「昨年まで右打者の『フロントドア』に使っていたスライダーではなかった。曲がりが小さく、球速があった。カットボールでしょう。昨年はカットボールをこういうふうに使うことはほとんどなかった。キャンプでは新球のチェンジアップを習得すると話題になっていましたが、このカットボールの『フロントドア』も打者からすれば新球。41歳になってなお、新たな球種、使い方を模索しているのだから、敵ながらすごいもんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る