5月復帰のダル安心できず レンジャーズ先発陣は今季大充実

公開日: 更新日:

 右肘のトミー・ジョン手術からの復活を目指すレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が順調に回復している。

 7日(日本時間8日)にはブルペン入りして15球を投げ込んだ。これまでは捕手を本塁ベース前に座らせて短い距離で投げてきたが、この日は初めて通常の投球練習を行った。見守ったブロケイル投手コーチからは球数は任されていたそうだが、練習中は肌寒かったため、自分の判断でやめたという。

 投球練習を終えたダルは「患部の状態は良く、不安はありません」と話した。

 今後は球数を増やし、フリー打撃で打者相手に投げた後、マイナーで調整登板する。順調なら5月下旬から6月上旬にもメジャー復帰が予定されている。

 昨年3月にメスを入れて以降、リハビリと並行してウエートトレに励んだ結果、肉体改造に成功。故障前よりひと回り体は大きくなり、球威も増した。13年の奪三振王(277)の完全復活を期待されるが、復帰のメドが立ったからといって、安心してばかりもいられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  8. 8

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  9. 9

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る