崖っぷちなでしこ佐々木監督が密かに確保する次の“就職先”

公開日:  更新日:

 2日のリオ五輪アジア最終予選・第2戦で韓国と対戦し、1-1のドロー決着に終わったなでしこジャパン。

 第1戦のオーストラリア戦が黒星スタート。FIFA世界ランク4位の日本は、18位の格下・韓国相手に勝ち点3ゲットが至上命題だったが、2試合を終えて6カ国中の5位に沈んだまま。今後は、上位同士の星勘定をにらみながら残り3戦は全部、勝つしかない。

 剣が峰のなでしこにとって、まずは4日の中国戦に必勝を期すしかないが、仮に五輪出場を逃した場合、女子サッカーの人気低落はもちろん、日本サッカー全体がジリ貧になっていく。

 日本サッカーは、代表の活躍次第によって左右される。Jリーグ人気は完全に頭打ち。15年シーズンの観戦者の年齢構成を調べると最も多いのが〈40代の29.1%〉。そして〈50代の27.3%〉と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る