崖っぷちなでしこ佐々木監督が密かに確保する次の“就職先”

公開日: 更新日:

 2日のリオ五輪アジア最終予選・第2戦で韓国と対戦し、1-1のドロー決着に終わったなでしこジャパン。

 第1戦のオーストラリア戦が黒星スタート。FIFA世界ランク4位の日本は、18位の格下・韓国相手に勝ち点3ゲットが至上命題だったが、2試合を終えて6カ国中の5位に沈んだまま。今後は、上位同士の星勘定をにらみながら残り3戦は全部、勝つしかない。

 剣が峰のなでしこにとって、まずは4日の中国戦に必勝を期すしかないが、仮に五輪出場を逃した場合、女子サッカーの人気低落はもちろん、日本サッカー全体がジリ貧になっていく。

 日本サッカーは、代表の活躍次第によって左右される。Jリーグ人気は完全に頭打ち。15年シーズンの観戦者の年齢構成を調べると最も多いのが〈40代の29.1%〉。そして〈50代の27.3%〉と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る