崖っぷちなでしこ佐々木監督が密かに確保する次の“就職先”

公開日: 更新日:

 2日のリオ五輪アジア最終予選・第2戦で韓国と対戦し、1-1のドロー決着に終わったなでしこジャパン。

 第1戦のオーストラリア戦が黒星スタート。FIFA世界ランク4位の日本は、18位の格下・韓国相手に勝ち点3ゲットが至上命題だったが、2試合を終えて6カ国中の5位に沈んだまま。今後は、上位同士の星勘定をにらみながら残り3戦は全部、勝つしかない。

 剣が峰のなでしこにとって、まずは4日の中国戦に必勝を期すしかないが、仮に五輪出場を逃した場合、女子サッカーの人気低落はもちろん、日本サッカー全体がジリ貧になっていく。

 日本サッカーは、代表の活躍次第によって左右される。Jリーグ人気は完全に頭打ち。15年シーズンの観戦者の年齢構成を調べると最も多いのが〈40代の29.1%〉。そして〈50代の27.3%〉と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  4. 4

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  5. 5

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  8. 8

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る