日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

崖っぷちなでしこ佐々木監督が密かに確保する次の“就職先”

 2日のリオ五輪アジア最終予選・第2戦で韓国と対戦し、1-1のドロー決着に終わったなでしこジャパン。

 第1戦のオーストラリア戦が黒星スタート。FIFA世界ランク4位の日本は、18位の格下・韓国相手に勝ち点3ゲットが至上命題だったが、2試合を終えて6カ国中の5位に沈んだまま。今後は、上位同士の星勘定をにらみながら残り3戦は全部、勝つしかない。

 剣が峰のなでしこにとって、まずは4日の中国戦に必勝を期すしかないが、仮に五輪出場を逃した場合、女子サッカーの人気低落はもちろん、日本サッカー全体がジリ貧になっていく。

 日本サッカーは、代表の活躍次第によって左右される。Jリーグ人気は完全に頭打ち。15年シーズンの観戦者の年齢構成を調べると最も多いのが〈40代の29.1%〉。そして〈50代の27.3%〉と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事