• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

澤が強メンタルと太鼓判も なでしこ大儀見に「10番」の重圧

 なでしこジャパンを率いる佐々木則夫監督(57)は、大阪で開催されるリオデジャネイロ五輪最終予選(29日=豪州戦、3月2日=韓国戦、4日=中国戦、7日=ベトナム戦、9日=北朝鮮戦)の前から「何とも悩ましい問題」を抱えていた。

 昨年12月、現役を引退したレジェンド澤穂希(37)のエースナンバー「背番号10」を誰に託せばいいのか――である。

「佐々木監督は当初、ゲームメーカーのMF宮間あや(31)に背番号10をつけさせるつもりでいたが、ミスを連発して試合に負けたりすると『澤がいれば……』と言われて余計なプレッシャーを背負わせることになり、宮間本人も背番号10をイヤがっていた。そこで佐々木監督は2月の石垣島での代表合宿中、エースFWの大儀見優季(28)を呼んで『背番号10を任せる』と話した。大儀見の代表通算ゴール数は、澤の83点に次ぐ歴代2位の55点。10年から欧州でプレーしているし、豊富な国際経験で重圧をハネのけて“普段通りの力”を発揮してくれる。そう佐々木監督は判断したのです」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る