宮間まで衰えはっきり…なでしこ「リオ五輪」へ大ピンチ

公開日: 更新日:

 なでしこが、女子サッカー・リオ五輪アジア最終予選の初戦でオーストラリアに完敗した。

 今予選は6カ国が「出場枠2」を争う図式。世界ランキングでアジア最上位・4位の日本だが、いきなり出はなをくじかれた格好である。

 前半40分までに2失点を食らい、それでも前半終了間際にFW大儀見優希(28)が1点を返したが、後半33分に追加点を奪われ、この時点で完全に勝負あった。サッカージャーナリストの六川亨氏が「攻守ともに、なでしこらしさが感じられなかった」と、こう続ける。

「なでしこの良さは、長短のパスをつないでボール支配率を高めて試合の主導権を握るところ。しかし、この日は選手同士の距離感が遠く、攻守のバランスも悪かった。中でも目に付いたのがMF宮間あや(31)、MF阪口夢穂(28)のボランチコンビのデキが悪く、これが敗因のひとつとなりました。昨年12月に引退した澤穂希氏が放送テレビ局の特別ゲストに招かれていたが、37歳と年齢的な衰えもあって昨年12月の引退もやむなしではあるものの、その澤氏待望論が湧き起こっても不思議ではないほど、宮間と阪口の調子は悪かった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  3. 3

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る