暴投、捕逸…巨人は“賭博ショック”で野球どころじゃない

公開日:  更新日:

 9日、ソフトバンクとのオープン戦に臨んだ巨人は、3失策に暴投、捕逸とボロボロだった。

 初回に一塁・ギャレット、二回に遊撃・坂本、四回に二塁・クルーズが相次いでポロポロやると、先発ポレダと小林のバッテリーもミスを連発。何とも締まらない内容に、「巨人らしくないよね。賭博ショックじゃないか」と指摘するソフトバンク関係者もいた。

 新たに高木京が野球賭博に関与していることが発覚した8日夜、堤GMから一軍の選手、コーチ、関係者に福岡市内の宿舎で事情が説明された。外出は禁止となり、球場入りからカメラの放列に迎えられたこの日は、試合前からピリピリムード。高橋監督は「何もない」と賭博問題については語らなかったが、東京都内の球団事務所には9日夕方までに、メールで約80件、電話で約50件の苦情などが寄せられた。

「もっと徹底的に調査しろ」という内容が多かったという。

 賭博とは無縁のギャレット、クルーズの助っ人2人が連続本塁打を放ち、守備のミスを帳消しにしたものの、新たに「4人目」が発覚したショックはありあり。ファンから厳しい目で見られることになるナインにとっては、「とても野球どころじゃない!」が本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る