• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴投、捕逸…巨人は“賭博ショック”で野球どころじゃない

 9日、ソフトバンクとのオープン戦に臨んだ巨人は、3失策に暴投、捕逸とボロボロだった。

 初回に一塁・ギャレット、二回に遊撃・坂本、四回に二塁・クルーズが相次いでポロポロやると、先発ポレダと小林のバッテリーもミスを連発。何とも締まらない内容に、「巨人らしくないよね。賭博ショックじゃないか」と指摘するソフトバンク関係者もいた。

 新たに高木京が野球賭博に関与していることが発覚した8日夜、堤GMから一軍の選手、コーチ、関係者に福岡市内の宿舎で事情が説明された。外出は禁止となり、球場入りからカメラの放列に迎えられたこの日は、試合前からピリピリムード。高橋監督は「何もない」と賭博問題については語らなかったが、東京都内の球団事務所には9日夕方までに、メールで約80件、電話で約50件の苦情などが寄せられた。

「もっと徹底的に調査しろ」という内容が多かったという。

 賭博とは無縁のギャレット、クルーズの助っ人2人が連続本塁打を放ち、守備のミスを帳消しにしたものの、新たに「4人目」が発覚したショックはありあり。ファンから厳しい目で見られることになるナインにとっては、「とても野球どころじゃない!」が本音だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る