地に堕ちた巨人 賭博汚染底なしでプロ11球団は怒り心頭

公開日:  更新日:

「巨人は前回、笠原が裏カジノに出入りしていることを隠蔽した。今回も週刊誌の取材を受けたから調査したわけで、野球賭博への関与は3人だけで幕引きにしようとしたのです。事件の根底にあるのは球界は巨人を中心に回っている、自分たちは何をやっても許されるという巨人の傲慢体質ですよ」

 今回、巨人の高木京介(26)が新たに野球賭博に関与していた事実が露呈した報を受け、セ・リーグのある球団幹部がこう言った。

 古くは江川獲得の「空白の一日」、桑田との密約疑惑、1リーグ構想のゴリ押し、ドラフト候補生に対する栄養費問題……。今回の野球賭博事件にしても、巨人が起こした一連の騒動の延長線上にあると指摘するのだ。

「野球界を統括するコミッショナーにしても、巨人の影響下にあると言っても過言ではない。だから巨人が何か事件を起こしても、だいたいは処分が甘くなる。野球界にいる人間なら分かり切ったことでも、しかし、それを口に出して言うことはしない。寄らば大樹、巨人人気にオンブにダッコという意識が強く、言いたくても言えないのが実情です。そんな背景があるからこそ、巨人は増長する。自分たちは何をやっても構わない、許されるという意識はますます強くなるのだと思いますね」(前出の幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る