日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

底なしの巨人賭博汚染 “黒い霧”知る人物「まだいる」的中

 球界に再び激震が走った。8日、都内の球団事務所で緊急会見を開いた巨人が、5年目左腕の高木京介(26)の野球賭博関与を発表。昨年11月に無期失格処分を受けた福田聡志(32)、笠原将生(25)、松本竜也(22)に続く4人目の関与者がまたぞろ巨人から出てきたのである。

 巨人によると、今回の高木京は一昨年の14年シーズンに笠原から誘いを受け、1回につき10万円から15万円を8、9試合に賭けたと証言。巨人の試合での賭博や八百長への関与は否定しているというが、事態を重く見た球団は渡辺恒雄最高顧問(89)、白石興二郎オーナー(69)、桃井恒和球団会長(69)の引責辞任を決め、高木京本人を8日付で謹慎処分として、最終的な処分は日本野球機構(NPB)に委ねるとした。

 1969年から71年にかけて世間を震撼させたプロ野球の八百長事件、いわゆる「黒い霧」を知るプロ野球経営評論家の坂井保之氏は、先の巨人3選手が野球賭博に関与して無期失格になった際に、「他にも関与した者が出てきますよ」と語っていたが、その通りの展開だ。改めて坂井氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事