平昌メダル目指しフィギュア皇帝プルシェンコが5度目手術

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートの皇帝が18年韓国・平昌五輪での復活を誓った。

 トリノ五輪男子シングル金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(33)が腰のヘルニア手術を受けていたことが14日までに明らかになった。ロシアスケート連盟の公式サイトが伝えている。

 記事によれば、プルシェンコは古傷のヘルニアに悩まされ、最近では首などにも痛みが出て満足に練習が積めなかったという。

 五輪では団体も含めて4個のメダルを獲得しているプルシェンコは、これまでも腰痛に苦しみ、10年以降、3度も手術を受けた。14年のソチ五輪ではショートプログラムの直前6分間練習で腰の痛みを理由に棄権。現役引退をほのめかしたが、同年3月に再びメスを入れて、現役続行を表明した。

 5回目となる手術を終えたプルシェンコは「今後の目標は18年の五輪でメダルを取ることに変わりはない。目標に向かって練習し続ける」と話している。

 35歳で迎える平昌では若手のトップスケーターに太刀打ちできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る