平昌メダル目指しフィギュア皇帝プルシェンコが5度目手術

公開日:  更新日:

 フィギュアスケートの皇帝が18年韓国・平昌五輪での復活を誓った。

 トリノ五輪男子シングル金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(33)が腰のヘルニア手術を受けていたことが14日までに明らかになった。ロシアスケート連盟の公式サイトが伝えている。

 記事によれば、プルシェンコは古傷のヘルニアに悩まされ、最近では首などにも痛みが出て満足に練習が積めなかったという。

 五輪では団体も含めて4個のメダルを獲得しているプルシェンコは、これまでも腰痛に苦しみ、10年以降、3度も手術を受けた。14年のソチ五輪ではショートプログラムの直前6分間練習で腰の痛みを理由に棄権。現役引退をほのめかしたが、同年3月に再びメスを入れて、現役続行を表明した。

 5回目となる手術を終えたプルシェンコは「今後の目標は18年の五輪でメダルを取ることに変わりはない。目標に向かって練習し続ける」と話している。

 35歳で迎える平昌では若手のトップスケーターに太刀打ちできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る