ファイナル3連覇の羽生結弦 強さの秘密は「自分に酔う」

公開日:  更新日:

 またも圧勝だった。

 日本時間13日未明に行われたフィギュアスケートのGPファイナル(バルセロナ)で、男子の羽生結弦(21)が自身が持つ世界歴代最高を更新する合計330.43点を叩き出し、前人未到の3連覇を達成。3度の4回転を含むすべてのジャンプを完璧に決める圧巻の演技で、史上初の300点超えとなったNHK杯での322.40を8点以上も更新した。

「ほぼ完璧な演技ができて満足しています」

 爽やかな笑顔でサラリと語った羽生には「ユヅリスト」と呼ばれる熱狂的なファンがいる一方、実は「アンチ」も少なくない。実際、インターネットの大手検索サイトに「羽生結弦」と打ち込むと、検索予測ワードの上位に「嫌い」と出る。同級生で仲のいい女子フィギュア選手の村上佳菜子に「ナルシー」と呼ばれる羽生は、練習中や合宿の控室で仲間がワイワイやっている中、ひとりで鏡を見ていることが多いという。「唯一無二の存在になりたい」と公言するそんなナルシシストぶりに鼻白む向きもいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る