ファイナル3連覇の羽生結弦 強さの秘密は「自分に酔う」

公開日:  更新日:

 またも圧勝だった。

 日本時間13日未明に行われたフィギュアスケートのGPファイナル(バルセロナ)で、男子の羽生結弦(21)が自身が持つ世界歴代最高を更新する合計330.43点を叩き出し、前人未到の3連覇を達成。3度の4回転を含むすべてのジャンプを完璧に決める圧巻の演技で、史上初の300点超えとなったNHK杯での322.40を8点以上も更新した。

「ほぼ完璧な演技ができて満足しています」

 爽やかな笑顔でサラリと語った羽生には「ユヅリスト」と呼ばれる熱狂的なファンがいる一方、実は「アンチ」も少なくない。実際、インターネットの大手検索サイトに「羽生結弦」と打ち込むと、検索予測ワードの上位に「嫌い」と出る。同級生で仲のいい女子フィギュア選手の村上佳菜子に「ナルシー」と呼ばれる羽生は、練習中や合宿の控室で仲間がワイワイやっている中、ひとりで鏡を見ていることが多いという。「唯一無二の存在になりたい」と公言するそんなナルシシストぶりに鼻白む向きもいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る