体形維持のために 海外フィギュア界が抱える「喫煙問題」

公開日:  更新日:

 今年11月、3歳の息子にたばこを吸わせたとして、父親と交際相手の女性が逮捕された。彼らはネット上に動画をアップしたことで、愚かな行為を世間に知られることになった。しかし、世の中には悪いとわかっていても、あえて子供にたばこを吸わせるところがある。海外のフィギュアスケートだ。

 あるフィギュア関係者が声を潜めてこう言う。

「フィギュアスケートは小柄で体重の軽い方が有利。特に女子選手は胸やお尻がフラットな体形の選手ほど、動きやすい。そこでたばこです。未成年の喫煙が問題視される原因のひとつは、成長ホルモンの阻害。コーチや指導者らは素質のある子にたばこを吸わせることで、子供のままの身長と体形を維持させようとする。メディアやファンの目には触れないよう、主に自宅などでたばこをふかす子は決して珍しくない」

 五輪で金メダルを獲得し、最強の名をほしいままにしたある選手は喫煙者として知られていた。困窮した生活を送っていた幼少期からコーチに喫煙を勧められていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る