体形維持のために 海外フィギュア界が抱える「喫煙問題」

公開日: 更新日:

 今年11月、3歳の息子にたばこを吸わせたとして、父親と交際相手の女性が逮捕された。彼らはネット上に動画をアップしたことで、愚かな行為を世間に知られることになった。しかし、世の中には悪いとわかっていても、あえて子供にたばこを吸わせるところがある。海外のフィギュアスケートだ。

 あるフィギュア関係者が声を潜めてこう言う。

「フィギュアスケートは小柄で体重の軽い方が有利。特に女子選手は胸やお尻がフラットな体形の選手ほど、動きやすい。そこでたばこです。未成年の喫煙が問題視される原因のひとつは、成長ホルモンの阻害。コーチや指導者らは素質のある子にたばこを吸わせることで、子供のままの身長と体形を維持させようとする。メディアやファンの目には触れないよう、主に自宅などでたばこをふかす子は決して珍しくない」

 五輪で金メダルを獲得し、最強の名をほしいままにしたある選手は喫煙者として知られていた。困窮した生活を送っていた幼少期からコーチに喫煙を勧められていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る