• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フィギュア欧州選手権 ロシア女子に「薬物問題」飛び火も

 日本勢に立ちはだかるのは間違いない。

 フィギュアスケートの欧州選手権(スロバキア・ブラチスラバ)で女子ショートプログラム(SP)が行われ、15年のグランプリ・ファイナル覇者エフゲニア・メドベデワ(16)が72.55点でトップに立った。15年世界選手権銅のエレーナ・ラジオノワ(17)が70.96点で2位、アンナ・ポゴリラヤ(17)が63.81点で3位に入った。昨季の世界チャンピオンで、欧州女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(19)を故障で欠きながら、ロシア勢がSPで上位を独占した。

 29日(現地時間)のフリースケーティングでは初の欧州チャンピオンの座を狙うメドベデワは「いつもより少し緊張したけど、自分の思い通りの滑りができて良かった」と初日を振り返った。

 上位に入った3人はいずれも国際舞台で実績を残している。実力通りの順当な結果とはいえ、気がかりなのはドーピング問題。好発進したロシア勢にも疑惑の目が向けられる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る