フィギュア欧州選手権 ロシア女子に「薬物問題」飛び火も

公開日:  更新日:

 日本勢に立ちはだかるのは間違いない。

 フィギュアスケートの欧州選手権(スロバキア・ブラチスラバ)で女子ショートプログラム(SP)が行われ、15年のグランプリ・ファイナル覇者エフゲニア・メドベデワ(16)が72.55点でトップに立った。15年世界選手権銅のエレーナ・ラジオノワ(17)が70.96点で2位、アンナ・ポゴリラヤ(17)が63.81点で3位に入った。昨季の世界チャンピオンで、欧州女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(19)を故障で欠きながら、ロシア勢がSPで上位を独占した。

 29日(現地時間)のフリースケーティングでは初の欧州チャンピオンの座を狙うメドベデワは「いつもより少し緊張したけど、自分の思い通りの滑りができて良かった」と初日を振り返った。

 上位に入った3人はいずれも国際舞台で実績を残している。実力通りの順当な結果とはいえ、気がかりなのはドーピング問題。好発進したロシア勢にも疑惑の目が向けられる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る