フィギュア欧州選手権 ロシア女子に「薬物問題」飛び火も

公開日: 更新日:

 日本勢に立ちはだかるのは間違いない。

 フィギュアスケートの欧州選手権(スロバキア・ブラチスラバ)で女子ショートプログラム(SP)が行われ、15年のグランプリ・ファイナル覇者エフゲニア・メドベデワ(16)が72.55点でトップに立った。15年世界選手権銅のエレーナ・ラジオノワ(17)が70.96点で2位、アンナ・ポゴリラヤ(17)が63.81点で3位に入った。昨季の世界チャンピオンで、欧州女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(19)を故障で欠きながら、ロシア勢がSPで上位を独占した。

 29日(現地時間)のフリースケーティングでは初の欧州チャンピオンの座を狙うメドベデワは「いつもより少し緊張したけど、自分の思い通りの滑りができて良かった」と初日を振り返った。

 上位に入った3人はいずれも国際舞台で実績を残している。実力通りの順当な結果とはいえ、気がかりなのはドーピング問題。好発進したロシア勢にも疑惑の目が向けられる可能性があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る