他球団が徹底研究 金本監督を悩ます高山&ヘイグの起用法

公開日: 更新日:

「開幕ダッシュは新戦力の見極めにかかっている」と見ているOBは少なくない。その新戦力とは、ヘイグと高山俊(明大)だ。

 助っ人のヘイグは13日の日本ハム戦では2本のヒットを放ち、開幕に向けて徐々に調子を上げている。一方の高山もオープン戦でヒットを連発。2人とも開幕スタメンは間違いないだろう。

 問題はその後だ。ヘイグも高山も、ライバル球団に徹底研究されている。オープン戦は、どこが打てるか、打てないかのデータを集めているところ。もちろん、打たないより打った方がいいが、それで公式戦も活躍できるかは別の話だ。

「今は開幕前の大事な時期。投手はケガをさせてはまずいから厳しい内角攻めはしない。開幕して相手バッテリーに遠慮がなくなった時、どう対処できるかだよ。岡田(元監督)は早大の後輩でもある鳥谷を1年目の開幕スタメンで使ったが、打てなくなると6試合目からベンチに下げた。金本監督は高山にぞっこんで、彼を将来の看板選手に育てたい。打てなくなった時に、どこでスタメンを外すかが難しいと思う。ヘイグの打撃もまだわからない。マートンやゴメスの1年目は開幕からいいスタートが切れたが、ヘイグの打撃はヒッチして、ヘッドがかなり投手寄りに入る。典型的なローボールヒッターで、内角高めの速球には苦労するはず。昨年3Aで3割4分近く打ち、90打点以上の実績があるだけに、凡打が続いても『日本の投手に慣れたら……』とスタメンを引っ張れば、対戦相手は楽になる」(前出のOB)

 ちなみに、昨季の交流戦前(5月24日=48試合消化)は首位DeNAに7ゲーム差の5位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る