日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督がヘイグ推し…阪神“三塁争い”はさらなる激戦区に

 新助っ人がついに一軍の舞台に登場した。

 キャンプ中に左脇腹痛で離脱していた阪神のヘイグ(30=ブルージェイズ)が8日の西武戦に、6番・三塁でオープン戦初スタメン出場。3タコに終わったものの、1、3打席目の外野フライはともにライナー性の打球だったこともあり、金本監督は「2安打と判断している」と評価。調整遅れが懸念されるが、本人は「遅れている感じはない」と否定した。

 新助っ人の一軍デビューによって、三塁の定位置を狙う中堅、若手はいよいよ正念場を迎える。

 阪神野手のスタメン構成は、内野は一塁・ゴメス、遊撃・鳥谷が確定で、二塁争いは西岡がリード。外野は右翼・福留が決まっていて、ドラ1の高山(明大)も左翼レギュラーが濃厚。中堅を大和、横田が争う構図だ。

 三塁争いは最大の激戦区。ヘイグをはじめ、今成、新井に若手の陽川、二塁争いに敗れた場合の上本が「三塁バトル」に参戦する可能性もゼロではない。ただ、ヘイグは二軍調整中、掛布二軍監督から「打撃は腕の使い方が柔らかく、どんな球も対応できる。守備も結構、肩がいい」と一定の評価を得たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事