開幕スタメンは確実も 虎元監督が高山の「本当の課題」指摘

公開日:  更新日:

 また一歩、開幕スタメンが近づいた。

 阪神の高山俊(22)が10日のDeNA戦に「6番・右翼」で先発出場。四回には三嶋一輝(25)から右前打を放ち、オープン戦6試合連続安打をマーク。バットで首脳陣にアピールし続けている。

 これには金本知憲監督(47)も「見ていて楽しい。凡打しても軸が崩れない。タイミングが合えばという選手。期待できる。開幕一軍? 打ち続ければ、もちろんありますよ」とキッパリ。阪神の新人野手としては2012年の伊藤隼太(26)以来のスタメン出場を示唆した。

 高山は明大時代、首位打者のタイトルこそないものの、抜群のバットコントロールで48年ぶりに東京六大学の通算安打記録を更新(131本)。六大学史上最高のヒットメーカーと呼ばれた。

 とはいえ、大学の記録ほどアテにならないものはない。六大学時代に首位打者を獲得したプロ野球選手は山ほどいるが、平成以降、同タイトルをプロでも手にしたのは青木宣親(34=マリナーズ)ただひとり。大学時代、2度首位打者を取った同僚の鳥谷敬(34)にしても、初めて打率が3割を超えたのはプロ7年目。ルーキーイヤーは101試合に出場して打率.251、3本塁打だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る