日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初紅白戦マルチ安打も…虎新助っ人ヘイグに“弱点”見つかる

 下柳臨時コーチ対金本監督の「対決」で盛り上がった直後、11日に行われた初の紅白戦。他球団の007やOBたちをうならせたのが、新助っ人・ヘイグ(30=ブルージェイズ)の打撃だ。白組の「5番・三塁」で出場すると、三回1死二、三塁で迎えた第2打席、紅組2番手の秋山が投じた外角のスライダーを右前に運ぶ技ありの2点適時打。六回1死の第3打席も、3番手・歳内の直球を左前へはじき返した。

 9日の特打では59スイング中19本のサク越えで、パワーのあるところもアピールしたが、その時の打球はほとんどがレフト方向に飛び、外国人特有の「低め好きのプルヒッター」という印象だった。

 それがこの日は広角に打ち分ける巧打を披露。「左右に強く打てるのはいいこと。タイミングもよくなっている」と語ったヘイグの打撃についてあるOBは「やはり長打よりミートのうまい打者です」と言ってこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事