• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初紅白戦マルチ安打も…虎新助っ人ヘイグに“弱点”見つかる

 下柳臨時コーチ対金本監督の「対決」で盛り上がった直後、11日に行われた初の紅白戦。他球団の007やOBたちをうならせたのが、新助っ人・ヘイグ(30=ブルージェイズ)の打撃だ。白組の「5番・三塁」で出場すると、三回1死二、三塁で迎えた第2打席、紅組2番手の秋山が投じた外角のスライダーを右前に運ぶ技ありの2点適時打。六回1死の第3打席も、3番手・歳内の直球を左前へはじき返した。

 9日の特打では59スイング中19本のサク越えで、パワーのあるところもアピールしたが、その時の打球はほとんどがレフト方向に飛び、外国人特有の「低め好きのプルヒッター」という印象だった。

 それがこの日は広角に打ち分ける巧打を披露。「左右に強く打てるのはいいこと。タイミングもよくなっている」と語ったヘイグの打撃についてあるOBは「やはり長打よりミートのうまい打者です」と言ってこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る